TOP ABOUT STORY CHARACTERS SERIES
OFFICIAL SNS
MUV-LUV PORTAL

ABOUT

『マブラヴ アンリミテッド』で主人公・武がヒロインの地球脱出を見送った後、
地球で何が起きたのかを描く物語。

『マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズ』01~04に収録されていた
episode:00~03が、このたびSteamに登場。

STORY

バーナード星系への人類脱出計画は敢行された
残された人類は全戦力を結集し、
BETAへの大反攻作戦を開始する
だが新型爆弾の集中運用は
予想外の結果を生んでしまう
大規模な重力偏差によりユーラシア大陸は水没、
残された土地もほとんどが塩の荒野と化した
変わり果てた地球を舞台に、
人類の生存を賭けた新たな戦いが始まる――

CHARACTERS

第1戦術機甲連隊 第1大隊
第17小隊“ウォードッグ”所属
龍浪 響中尉
「ウォードッグ」の小隊長。過去にも小隊を率いた経験がある。前向きな性格で隊の士気を維持している。
Hibiki Tatsunami
第1戦術機甲連隊 第1大隊
第17小隊“ウォードッグ”所属
千堂 柚香少尉
龍浪中尉とは以前も同じ部隊に所属していた。高い力量を持つ衛士である。常に龍浪中尉を支え心配しており、彼のことになると見境がつかなくなることもしばしば。
Yuzuka Sendo
第1戦術機甲連隊 第1大隊
第17小隊“ウォードッグ”所属
エレン・エイス少尉
敵対国のカナダ人ではあるが現在は日本帝国軍に所属している。以前は軌道降下兵団に所属していた。
Ellen Aice
第1戦術機甲連隊 第1大隊
第17小隊“ウォードッグ”所属
美桜乃 雫少尉
厳しい環境で育ってきた戦争孤児。衛士になったのは最近である。故郷のことをあまり覚えておらず、自らの故郷のことを知っている人には詳しく聞きたがる。
Shizuku Miono
第1戦術機甲連隊 第1大隊長
神宮司 まりも少佐
駐留軍における実働部隊指揮官。日本人居住区に関する米国との折衝など、気苦労が絶えない。
Marimo Jinguji
第1戦術機甲連隊 第1大隊
第2中隊“クレイン”所属
松風 諒一中尉
龍浪中尉と同期で、同じ訓練校出身の衛士。バビロン作戦以前は九州に配属されていた。
Ryoichi Matsukaze
第1後方支援連隊
機体整備中隊機体整備班 所属
楠本 さやか軍曹
第1大隊の整備を担当する整備兵。部隊の事情に明るく、噂話にも詳しい。衛士たちをメンタル面でもサポートしている。
Sayaka Kusumoto
アメリカ合衆国陸軍
第66戦術機甲大隊“ハンター”所属
アルフレッド・
ウォーケン少佐
隊長を務めており、駐留する日本帝国軍との折衛役も任されている。
Alfred Walken
米国海兵隊第318戦術機隊
“ブラック・ナイヴス”所属
リリア・
シェルベリ中尉
BETAの襲撃を受けた戦術機母艦ジョン・F・ケネディのたった一人の生き残り。
Lilia Kjellberg
第1戦術機甲連隊 第2大隊
第2中隊第3小隊 所属
大上 律子中尉
小隊長を務める。美桜乃少尉とは、故郷が同じ。破天荒な性格をしているが、思いやりの心を人一倍持つ。
Ritsuko Ogami

SERIES

episode:00

起死回生の一大反攻作戦『バビロン作戦』による大規模重力偏差発生から5日後――
座礁した米国空母JFKに集った僅かな人々は、安住の地を求めて足掻き続けていた。その日、偵察任務に出た米国海兵隊少尉ウィルバート・D・コリンズは微弱な救難信号を受信し、現場に向かう。

Steamで購入 (近日公開)

episode:01

『バビロン作戦』のもたらした大規模重力偏差により死の世界と化した地球。人類の居住可能域のひとつである米国領シアトル帝国租借地タコマに、日本帝国軍中尉・龍浪響の姿があった。度重なるBETAの襲撃からシアトルを守って戦い続ける日々。食糧も足りず、砲弾の補給もままならない状況下、響は懸命に生きるための戦いを続けるのだった。

Steamで購入 (近日公開)

episode:02

シアトルの治安を悪化させていた食糧問題解決のため、帝国は食料生産プラントの建設を開始した。しかし生産プラントは稼働初日に何者かによって占拠されてしまい、政威大将軍・煌武院悠陽も行方不明になってしまった。将軍救出とテロリスト鎮圧のために響率いるウォードッグ小隊は戦場と化したプラントに突入する。

Steamで購入 (近日公開)

episode:03

食糧問題に端を発した日米とカナダ・フランスとの戦争は、一時的に沈静化したものの、問題解決には至らなかった。荒廃した地球、BETAの脅威、国家間の覇権争い、そしてそれらに振り回される市井の人々。帝国の英雄となった響の選ぶ道とは――

Steamで購入 (近日公開)